タグ一覧

リフォーム費用はリバースモーゲージで! 断熱リフォームの驚きのメリットを解説

リフォーム 費用
冬は寒く、夏は暑い……日本にいる以上あたり前のことですが、それが家の中も同じという状況であれば話は別です。そのような状況の場合、高確率で家の断熱性に問題があるため、断熱リフォームをすることで解消できる可能性があります。

そこで今回は、断熱リフォームの概要やメリット・デメリットを解説していきます。

---------
■家の中でも冬は寒い、夏は暑いという悩みを解決!
■断熱には外断熱と内断熱の2種類がある
■断熱リフォームのメリットとデメリット
■リバースモーゲージでリフォーム費用を調達
---------

家の中でも冬は寒い、夏は暑いという悩みを解決!

そもそも断熱リフォームとはどのようなものでしょうか?
その名のとおり熱をカットするのはもちろん、外気温の影響を受けにくくする効果があります。

冬に部屋の中が寒いということは冬の冷気によって室温が下がっているということで、夏に暑いということは夏の日差しによって室温が上がっているという状況です。
そのような部屋を断熱リフォームすることで、断熱材が外の冷気、または陽ざしをカットするので、室内は外気温の影響を受けにくくなります。そのため、家の中は冬でも寒くなりにくく、夏でも暑くなりにくくなるという仕組みです。
リフォーム 費用

断熱には外断熱と内断熱の2種類がある

そんな断熱には以下2種類あるので、まずその概要を理解しておきましょう。

・外断熱
・内断熱

外断熱とは、主にプラスチック系の断熱材を家の壁や屋根部分に外側から施工する方法です。建物を断熱材で外から覆うことで、冬の冷気と夏の日差しをカットします。

一方、内断熱は家の壁や天井の内側に、グラスウールなどの繊維系断熱材を施工します。外断熱が建物を外から覆うのに対し、内断熱は建物の内側に断熱材を施します。

断熱リフォームのメリットとデメリット

前項のように、断熱リフォームには外断熱と内断熱の2種類ありますので、それぞれのメリット・デメリットを見ていきましょう。

費用:外断熱 比較的高い 内断熱 比較的安い
断熱性:外断熱 比較的高い 内断熱 外断熱よりは劣る傾向
室内空間:外断熱 変わらない 内断熱 場合によっては狭くなる
工期:外断熱 比較的長い 内断熱 比較的短い

内断熱にも、外張りのような「パネル式」もありますが、内断熱のパネル式は外断熱と特性が似ています。そこで、今回は内断熱に関して「グラスウールなどを機械で吹きつける工法」という前提で解説していきます。

〇費用
費用は外断熱の方が高くなる傾向があります。外断熱の場合はパネルを外張りし、内断熱は上述のようにグラスウールなどを機械で吹き付けるという工法です。そのため、素材的に外断熱の方が費用は高くなりやすいのです。

〇断熱性
外断熱はパネルを敷き詰めるので、隙間ができにくく断熱性が高い傾向にあります。
一方、内断熱もまんべんなく施工できますが、グラスウールなどの素材が吸水(湿気など)すると自重によって下がることがあります。それにより隙間が生まれる可能性があり、給水した素材によって室内に湿気がたまり、結露ができる場合もあります。これらの点を踏まえると、外断熱の方が断熱効果は高い施工といえます。

〇室内空間
外断熱は、外側にパネルを施工するので室内空間に影響はありません。
一方、内断熱も壁や天井などの内部に吹き付けるものであれば室内空間に影響はありません。しかし、建物によっては壁をふかす(本来の壁の前に新たに壁を作り厚みを増すこと)必要があるケースもあり、そのような場合は室内が狭くなります。

〇工期
外張りの場合は、足場を組む必要があるので内断熱よりも工期は長くなります。施工規模と業者によって異なるので、費用と一緒に確認しておきましょう。
リフォーム 費用

リバースモーゲージでリフォーム費用を調達

このように、断熱リフォームを行うことで「家の中でも冬は寒くて夏は暑い」という状況を解消できる可能性が高くなります。特に、築年数が古い木造一戸建ては断熱性能が低い場合が多いため、断熱リフォームによる効果はより期待できます。

ただし、比較的安価な内断熱を選択したとしても、天井・壁・床下と建物全体に施工するとリフォーム費用が100万円を超えるケースが多く、断熱リフォームの平均価格は200〜300万円ほどともいわれています。そのため、費用的に断熱リフォームをしたくてもできない……という方もいるかと思います。そのようなときに便利なのが、リバースモーゲージです。

自宅に住みつづけながら、自宅を担保にして融資を受けられるリバースモーゲージを活用して資金を確保することで、冬でも夏でも部屋の中は快適な状態に保てる断熱リフォームを行うことができます。
特に、最近は温暖化や異常気象による酷暑で、家の中にいても熱中症になってしまうケースもあります。断熱リフォームをすることで、このようなリスクの解消につながる点もメリットといえるでしょう。

断熱リフォームをしたいけど、手元にまとまったお金がない、手持ちの資金を減らしたくない、という方は、リバースモーゲージを検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめコンテンツ